法華講久遠寺支部の活動

私たち法華講久遠寺支部は、明治40年の開創以来、大正12年の関東大震災、昭和20年の戦災による2度の法城焼失を経験しましたが、歴代の御住職の護法の熱誠と、講頭を中心とする講員の寺院外護の一念によって、その都度復興し、現在の荘厳な久遠寺を築いて参りました。
また、4つの講中が統合し、さらには、創価学会から2度にわたって大勢の入講者を迎えましたが、御住職の指導のもと融合し、講頭を中心に「異体同心の久遠寺法華講」として、現在に至るまで、和気藹々と信行に励んでおります。

本年は「久遠寺開創110周年・寺号公称70年」を迎えます。
私たち久遠寺支部は法華講の信心の根本である「本門戒壇の大御本尊への絶対信」と「血脈付法の御法主上人への信伏随従」を信心の根幹とし、広宣流布大願成就のため、近くは平成33年の御命題達成を目指し、本年も一層の精進を重ねて参ります。


支部総登山

総本山への登山参詣は、日蓮正宗の信仰の源です。総本山は本門戒壇(ほんもんかいだん)の大御本尊が厳護され、宗祖大聖人以来の血脈(けちみゃく)を承継あそばされる御法主上人(ごほっすしょうにん)がおられ、大聖人の仏法の一切と、破邪顕正(はじゃけんしょう)の精神が脈々と受け継がれている霊地です。
支部総登山は、御隠尊日顕上人猊下の御発案により平成4年から毎年行われている大切な行事です。支部の充実発展のために、御住職引率のもと信徒全員が参加して御報恩謝徳申し上げます。
御法主上人猊下大導師のもと大御本尊様にお目通りをさせて頂き、家族・友人が揃って登山参詣による功徳善根(くどくぜんごん)を積むことにより、福徳あふれる人生が成就していくのです。

支部総登山記念撮影
支部総登山スナップ
さまざまな支部の活動

青少年部合宿

青少年部合宿

福寿会

福寿会(敬老会)

青年部(太鼓練習)

青年部太鼓練習

婦人部会

婦人部会

役員会

役員会
ページの先頭へ

HOME霊松山久遠寺日蓮正宗の信仰真実の幸福へ法華講久遠寺支部行事のご案内
お問い合わせこのサイトについてサイトマップ