• HOME
  • 霊松山久遠寺
日蓮大聖人と日蓮正宗
日蓮大聖人の仏法

総本山大石寺/奉安堂(本門戒壇の大御本尊を御安置)宗祖日蓮大聖人は、法華経に予証された「法華経の行者」として、貞応元年(1222年)2月16日、末法の世に出現されました。そして、末法の御本仏として一切衆生を救済するために「南無妙法蓮華経」の教えを説かれました。

日蓮大聖人は弘安2年(1279年)10月に述作された『聖人御難事(しょうにんごなんじ)』に、
「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐(ほんがい)を遂(と)げ給ふ。(中略)余は二十七年なり」(御書1396頁)
と仰(おお)せられています。このことからも明らかなように、宗旨建立より27年目に当たる弘安2年10月12日に、日蓮大聖人は出世の本懐として、本門戒壇(ほんもんかいだん)の大御本尊を御図顕されました。この大御本尊こそ、南無妙法蓮華経の教えそのものであり、日蓮大聖人の仏法の根本法体(こんぽんほったい)なのです。

また、大聖人は御入滅に先立ち、
「日蓮一期(にちれんいちご)の弘法(ぐほう)、白蓮阿闍梨日興(びゃくれんあじゃりにっこう)に之を付嘱す、本門弘通の大導師たるべきなり。(中略)就中(なかんずく)我が門弟等此の状を守るべきなり。
弘安五年壬午九月  日   血脈の次第 日蓮日興」(日蓮一期弘法付嘱書  御書1675頁)
との相承書を認(したた)められ、日蓮大聖人の仏法の一切を第二祖日興上人に付嘱されました。
日蓮大聖人以来の唯授一人(ゆいじゅいちにん)の血脈相承(けちみゃくそうじょう)は、日興上人をはじめとする代々の御法主上人(ごほっすしょうにん)に受け継がれ、現在は第68世日如上人に継承されています。

日蓮大聖人の仏法は、この本門戒壇の大御本尊と唯授一人の血脈相承を根本とします。

日蓮正宗とは

日蓮大聖人の仏法の根本である本門戒壇の大御本尊と、唯授一人の血脈は、富士大石寺に伝えられています。
この大石寺を総本山と仰ぎ、日蓮大聖人の仏法を実践して、広宣流布(こうせんるふ/全世界に広く仏法を流布すること)をめざしている唯一の宗団が「日蓮正宗」です。

日蓮正宗は、本門戒壇の大御本尊を信仰の根本とし、唯授一人の血脈に随順して、自行化他の信心に励んでいます。この日蓮正宗の信仰によってこそ、初めて成仏(絶対的幸福境涯)が叶うのです。

総本山塔中と客殿
日蓮正宗の現況

寺院数

国内/寺院655、教会31、出張所等14

海外/寺院・布教所32(国内・海外とも平成28年4月現在)

現在、日本国内をはじめ、世界65ヶ国に日蓮大聖人の仏法を信仰する人々がいます。
日蓮大聖人は、多くの人が妙法を信ずることによって、真の世界平和が実現すると教えられています。
日蓮正宗の信徒は、この信仰をもとに正しい人生観を身につけ、世界の各地において希望と幸せに満ちた日々を送っています。

フランス信行寺メンバー交流会

法華講の信心
ページの先頭へ

HOME霊松山久遠寺日蓮正宗の信仰真実の幸福へ法華講久遠寺支部行事のご案内
お問い合わせこのサイトについてサイトマップ